住まい・生活

つらい花粉や梅雨の時期に! 部屋干しでもきちんと乾く方法

2017. May. 25

外に干すと花粉がついたり、じめじめ雨が続いたり・・・花粉や梅雨など、洗濯物を外に干しにくい時期がやってきました。でも、部屋干しはパリっと乾きにくいですよね。そんな部屋干しのポイントを家事代行サービス・CaSy(カジー) 担当者さんに教えてもらいました!

部屋干しのポイント1 スキマを作る!


いつものベランダやお庭での外干しよりも、洗濯物を干せるスペースが狭い浴室や部屋で、やってしまいがちなのが間隔をつめて洗濯物を並べてしまうこと。
室内でもパリっと乾かすには、洗濯物と洗濯物の間に“スキマ”を作ることが必要です!
スペースに限りがあるなかでも、厚手のものと薄手のものを交互に干したり、長いものと短いものを交互に干すと空気が流れやすくなり、乾きやすくなります。また、太めのハンガーか細めのハンガーなら2,3本一緒に重ねて使うことで、洗濯物の前側と後ろ側の間にスキマができためより乾きやすくなりますよ!

部屋干しのポイント2 消臭スプレーで気になるニオイはシャットアウト!


室内乾燥の際に気になるのが、洗濯物のニオイ・・・せっかくお気に入りの服が乾いても生乾きのニオイがついているとショックですよね。
そんなニオイが気になるときは、消臭スプレーを使ってみましょう!洗濯物にしゅしゅっと吹きかけておくと、雑菌を防いで気になるニオイがなくなります。

部屋干しのポイント3 換気扇のスイッチはオン!


室内乾燥特有のニオイは、室内のこもった空気も原因の一つ。
特に閉めきった窓際で室内乾燥すると空気がこもりがち。閉めきらずに扇風機や換気扇を回しておくと、空気が循環し洗濯物が乾きやすくなります。また、洗濯物の間に新聞紙を干すと湿気も吸ってくれるのでおススメです!
室内乾燥をするときのポイントは“空気の流れ”にありそうです。子育て中のママや単身赴任中のパパにも役立ちそうですね!

取材協力:CaSy

多忙だとなかなか手が回らないお掃除と料理。カジーなら、業界最安値水準の価格でお掃除・お料理代行サービスをご利用いただけます。ネット・スマホから、必要なときにどこからでも簡単予約できます!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
Cana

Cana

関西在住のアラサーOL。趣味は読書とグルメ(食べる専門)。フットワークの軽さが自慢。