住まい・生活

大掃除にも使える?CaSyの「お掃除代行」はどこまでお願いできるのか検証

2016. Dec. 13

普段から掃除しているつもりですが、この時期になると気が付けばどうせ大掃除にやるからいいや! と後回しにし続けていたことがたくさん……。

お願いできるのは「日常的な掃除の範囲」というCaSyですが、年末の大掃除にと残してしまっていたお掃除は、どこまでお願いできるのか検証してみました!

CaSyってなに?

クラウド家事代行サービス「CaSy(カジー)」。ネット予約すると掃除や料理の代行スタッフが自宅に来てくれて、サービスを受けられます。

image2

前回の記事ではお風呂掃除の様子を紹介しましたが、今回は年末やろうと思っていたリビングとキッチンの大掃除をお願いしてみることに。

ちなみに現在の様子はこんな感じ。洗面台の鏡の汚れが気になっているのですが、毎日使うからと思うとなんとなくそのままに……。

image3

ほかに、気になるのは水回り。気になったときに洗っていますがやっぱりヌメりが。

image4

窓枠の汚れもこんなに……

image5

昨年末に掃除した以来それっきりの窓枠に至ってはこんな状態です。はたしてどのくらい綺麗になるのでしょうか?

いよいよ当日!掃除道具も準備OK

掃除道具はすべて利用者が揃えるということなので、台所用洗剤とトイレ用洗剤、雑巾などを準備。汚れ具合などによっては、重曹やクエン酸などもあるといいみたい。とりあえず、普段使っている道具を用意して待っているとチャイムが鳴り、スタッフの方が到着しました。

簡単に打ち合わせし、「年末の大掃除にと放っておいた、普段は手が回らないところを重点的に掃除して欲しい」と相談。

ホームページに記載がある通り、CaSyの対応範囲は「日常的なお掃除」
台に乗っても届かないような高いところの作業や換気扇の中、外壁、風呂のカビがひどい場合などはお断りしているそうです。

私がお願いしたい箇所は問題なかったので、いよいよスタート!

image6

キッチンの水垢や油汚れなどは気が付いたときに掃除するようにしているのですが、壁は基本的にそのまんま……。また、塩や醤油などの調味料をキッチン脇に放置している人は多いと思いますが、意外と油でベトベトしていることも。こういった普段気が回らないところも対応してもらえるのが嬉しい♪

特別なことがなければ、別室に居たり外出したりしていてもいいみたい。特に音も出ず静かにテキパキとやっていただけるので、赤ちゃんがいるような家庭でも安心です。

image8

こんな感じに仕上がった!

2時間後、全ての箇所の掃除が終了。臭いもするし、触りたくなかった排水溝のヌメりがこんなに綺麗に!

image9

鏡は見違えるほど綺麗になりました。

image10

洗面台のタオルをホテルのように掛けてくれるなど、ちょっとした気配りも嬉しい限り。

image11

窓も綺麗にしてもらって、これでいつでも年越しを迎えられそう!

image12

全体的になんだか部屋が明るくなったような気もするし、とってもいい気分です。

image13

雑巾がこんな真っ黒になるくらい、ピカピカにしていただきました。

CaSyの「お掃除代行」サービスはあらゆる人のニーズに応えてくれる!

日々の生活を送るのに精いっぱいで、なかなか細かいところまで掃除する暇がないという人は多いのではないでしょうか。疲れて帰ってきたときに部屋の汚れが目に付いたりすると気分も下がりますし、目立たないと思っていても他人は案外見ていたりして……。

どちらかというと、利用者にはズボラな人が多いのかと勝手に思っていましたが、綺麗好きな方もCaSyを利用しているのだそうです。基本的な部分は自分で掃除して、手が行き届かない細かい部分をCaSyに重点的に行ってもらう、という使い方も「アリ」なのではないでしょうか。

とっても簡単な登録方法や、金額の目安などは前回の記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

すっかり家事代行サービスの魅力にハマった私は、お料理代行もお願いしてみることに。後編で詳しくご紹介します。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail