マネー

写真を撮るだけで即換金!? 話題の「CASH」を体験~アップデート機能も解説

2017. Aug. 29

今年の6月28日にリリースし、爆発的な利用のためサービスが一時停止となっていたスマホアプリCASH(キャッシュ)。
8月24日にサービスが再開されたと聞き、早速使ってみました! 再開に伴い機能もアップデートされたようですよ。

CASH(キャッシュ)って?

売りたい洋服や電子機器などをスマホで撮影、情報を入れるだけでその場で査定、すぐにCASH(現金)にしてくれるというサービス。

フリマアプリと比べても手軽に現金化できることから、6月のサービス開始時にはわずか16時間で3.6億円もの現金が支払われたそう。あまりに人気のため、サービスが一次停止となっていたとともに、査定後すぐに「返金(取引キャンセル)」費用が発生する点などが物議を醸し、とにかく話題となっていました。

実際に使ってみた!

CASHで販売できるのはブランド品やタブレットなどの電子機器、洋服など。
現在は1日1,000万円を上限に利用が可能となっています。上限額は毎朝10時にリセットされるとのことだったので、アイテムを用意して10時からスタンバイ。

使い方はたったの3ステップで、とても簡単でした!

①データ入力、写真撮影をすると自動で査定

TOPページの「キャッシュ」を押すと、現金化したいアイテムのブランドやコンディションの入力フォームが出てきます。必要な情報を入れたらアイテムの撮影。履かなくなったspick and spanのデニムスカートでチャレンジしてみました!

コンディションは「新品未使用」~「全体的に状態が悪い」の5段階から入力

査定金額は、500円! 古着買取店などで考えるとちゃんと値段がついた方かな?

もう1つ、買ったものの全然履いていないドクターマーチンのブーツ。これもチャレンジしてみましょう。

4,900円! これは嬉しい! ほぼ新品&ブランドものということでこの価格なのでしょうか?

今回、着なくなったワンピースなど他にも洋服でチャレンジしてみましたが、すべて査定は500円でした。他の編集部員が試したところ、ロンシャンのトートバッグは1,600円、シーバイクロエのブレスレットは700円と、洋服よりもバッグ・アクセサリーなどの方が高値になりそう。

査定結果が出たときに「今回はキャッシュにしない」を選択すれば、査定金額だけ見ることも可能です。

②現金化してよければ「キャッシュにする」を選択

「キャッシュにする」を選択すると、「ウォレット」に金額が反映されます。

現在は銀行振込のみ、コンビニ受け取りは機能停止中です

実際に現金として受け取りたければ「ウォレット」から「キャッシュを引き出す」を選択、引き出すことが可能。引き出し手数料として250円かかりますので、複数アイテムを一度で引き出した方がお得ですね。

初回の本人確認には自動音声で電話がかかってきます。本人確認が取れればその場で振込まれます(土日祝日にキャッシュを引き出した場合は、翌営業日に振込となります)。

③キャッシュにしたら、荷物を梱包・集荷依頼

キャッシュにしたら、次は梱包して、荷物を集荷してもらいます。この場合の送料は無料。

ヤマト運輸のドライバーさんが引き取りに来てくれるとのこと。翌日以降引き取ってもらいたい日時を指定できるので、手軽です。これで手配は完了です。
※スマホやタブレットなど電子機器を送付する場合は別途注意事項がありますのでご確認ください

8月24日のサービス再開ではどんな機能がアップデートされたの?

今回のサービス再開に伴い、どんな点がリニューアルされたのでしょうか?(2017/8/24時点)

①返金(取引キャンセル)機能の廃止

CASHで査定をした際の返金制度が廃止されました。査定後商品を送らずに返金(取引をキャンセル)するには15%の返金手数料がかかっており、この金額が高いと取り上げられていたのですが、機能の廃止とともに取引キャンセル時の手数料もなくなりました。

②取引期間が2ヶ月ではなく、2週間となった

リリース時点では商品を送付または返金を行うのは2ヶ月の間にするとなっていましたが、今回の再開のタイミングで現金化から2週間までと期間が変更になりました。
これは、リリース直後に使用したユーザーの94%が1週間以内にアイテムを送付していたことから、猶予期間を短くしたそう。

③1日の上限金額が決まっている

アップデート後からは1日の総取引金額が1,000万円までと上限が決められています。
全ユーザーの取引金額が1,000万円を超えたらその日の取引は終了、査定機能は使えなくなります。(毎日AM10時にリセットされます)

④評価制度の導入

今回から事務局のユーザー評価制度が導入されました。査定時に入力データを新品としたにもかかわらず中古品を送った人など、誤った内容でサービスを使用した人は低評価となり、今後使用できる機能に制限がかかるなどしていくそうです。

手軽にキャッシュがほしい場合の選択肢としてはアリかも!

今回8月26日、27日の週末にチェックをしていたところ、1日の上限金額1,000万円は2日とも約30分でいっぱいに。サービスを使いたい方はAM10時からスタンバイした方がよさそう。

個人的にはフリマアプリで1アイテムずつ異なるユーザーへ発送する手間、送料が面倒だなと思っていたので、まとめて一括で引取りしてくれるのは便利でした。

サービス停止前には査定後のキャンセル方法が分かりにくいなどの声も挙がっていましたが、今回の機能アップデートでは、現金化しない場合の操作も分かりやすかったので、不安になることもありませんでした。

不要になったアイテムがある場合は、選択肢の1つとして試してみるのもいいかもしれませんね。

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail