美容・健康

ダイエットで頼れる低糖質な「食材」と「メニュー」とは!? 管理栄養士さんに直撃!

2017.05.11

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail

ダイエット中、夕食のメニューを考える時、糖質を気にしながら食材を選ぶことは難しいですよね。
そこで今回は、パーソナルダイエットプランの提案をしてくれる「カロナビ」の管理栄養士さんに、ダイエット中に頼れる低糖質な「食材」と「メニュー」を教えていただきました!

低糖質な食材はコレ!

-エネルギー源となる主食の場合

主食と言えば米やパンですが、これらは糖質が高めです。主食の種類を変えても低糖質にはなりにくいですが、ダイエット中の方や血糖値の急上昇が気になる方には、白米より食物繊維が多く血糖上昇がゆるやかな「玄米」や「麦入りの雑穀米」が最適なんだとか!

-食事バランスの肝となる主食の場合

メイン料理といえばお肉ですが、ヒレ肉や赤身肉、鶏胸肉、ささみなどがベストだそう! また、魚はどれも良質な脂質(DHA・EPA)を含むため、どの種類でもOKなんだとか。さらに、大豆製品である納豆や豆腐などは、たんぱく質や食物繊維、ビタミン類などの栄養素が豊富で、尚且つ低脂肪なのに満腹感が得られるので、安心して食べることができますよ。

満足感が得られるメニューって!?ちょっとしたコツをご紹介!

・ネバネバ食品を取り入れる
例えば、イカやマグロなどと一緒に、納豆・オクラ・雌株などのネバネバ食品を食べることで、水溶性食物繊維が膨らむため、食後の満足感に繋がるそうです。
・厚揚げを主菜にする
ジューシーな厚揚げを主菜とし、チーズや野菜などをトッピングして焼くと、ボリューム感のある1品に仕上がります。
・「副菜+主菜」で代謝アップ
副菜的な要素のキノコや野菜をふんだんに使用し、肉や魚、卵などと組み合わせると栄養価が増し代謝を促す食事になるのだとか。
今回ご紹介したように食材を上手に組み合わせることで、ダイエット中でも満腹感のある美味しい食事を摂ることができます。ストレスフリーな糖質制限ダイエットのために、ぜひ参考にしてみてくださいね!

取材協力:カロナビ
食事写真を撮って待つだけでカロリー管理できるカロナビ。管理栄養士によるパーソナルダイエットプランを提案します。健康的なダイエットにおすすめです。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
akane

akane

情報収集が好きな20代。 特に美容と健康に関する情報を集めることが日課。 正しい情報を選択できるよう勉強中。とにかく好奇心旺盛。