ファッション image1

【後編】買い取りに初挑戦!ブランディアで売ってわかった3つのメリット

2016.09.16

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

前編中編と2回にわたって、ブランド品買い取りサービス「ブランディア」におうかがいし、そのサービスの秘密をお聞きしました。巨大倉庫の徹底した管理に感激し、自分でも宅配キットを申し込んでみることに!

前編へ>>
中編へ>>

無料の宅配キットを申し込み!都内なら最短で翌日着

image2
段ボール箱の大きさは、大・中・小の3種類から選べます。

申し込みは簡単。まず、ブランディアのサイトから、無料の「宅配キット」を申し込みます。宅配キットは、買い取り品を入れる空の段ボールに、ブランディア宛の着払い宅配伝票が入っています。

都内なら最短翌日到着とのこと。夕方に申し込んでみたところ、我が家にも翌日に宅配キットが届きました!ちなみに自分でダンボールを用意してもオーケー。その場合は、着払い伝票のみが届きます。

クローゼットを徹底整理 せっかく売るならアレもコレも売りたい!

次に売るものを選定します。今こそ、「捨てるのはもったいない……」と思ってしまいこんでいた古い服やアクセサリーを処分するチャンスです!

image3
保管状態はあまりよくないですが、箱と袋つきのティファニーのペンダントトップ。

一念発起し、クローゼットも掘り起こすことに。すると、古い服が出てくる出てくる。でも、いざ売るとなるとちょっと迷いがあります。

ブランディアの利点は、宅配キットや送料だけでなく、その後の査定や、売りたくない時の返送料まで、すべてが無料ということ。迷ったらとりあえず買い取りに出してみて、高値がついたら売る、売るのが惜しくなってしまったら返品してもらうといった使い方も気軽にできます。

image4
かさばるジャケット類。もう絶対着ないのに手放せないものを売ってみようかな?

コート類が高いとのことだったので、10年以上クローゼットで眠っていたブルゾンや、革のジャケットなども放出。売るものを探していたら、結果としてクローゼットの整理にもなりました。

売る前のちょっとしたコツで査定額アップをねらう

こうして掘り起こした数品のアイテム。そのまま宅配キットの箱に入れてもいいのですが、その前に、取材で聞いた“高く売るコツ”をもとに、アクセサリーや洋服をちょっとメンテナンスしてみました。

・洋服の場合……ポケットの中、汚れなどをチェック
・アクセサリーの場合……磨きシートなどで、表面をきれいにする

ブランディアによると「家庭でできる簡単なメンテナンスだけで大丈夫です」とのお話だったので、簡単に汚れなどを落とし、箱に詰めていきます。キットが届いた翌日に、ブランディアへ発送しました。

image5
“中”サイズの箱に冬物のジャケット3点、アクセサリー小物がちょうどおさまりました。

なお、売る際は免許証や保険証などの本人確認書類が必要です。私は保険証の写真をスマホで撮影し、ブランディアの“マイページ”へアップしておきました。その他の方法としては、買い取りの際に本人確認書類を同封してもオーケーです。これがないと取り引きできませんので、忘れないように!

売りたいものだけ売ってみた!返送も無料

ブランディアへ送ってから待つこと3日目の朝、「査定結果のご連絡」というメールが届きました。メールには査定金額だけがあり、商品ごとの詳しい査定結果はサイトの“マイページ”からチェックができます。

今回売りに出した商品の査定結果。ティファニーのペンダントトップは細かい傷がありましたが、無事値段がつきました。

査定結果には、商品の詳細、付属品の有無、状態とともに、査定ができないものや価格が低いものについては、理由が明記されています。あとは、“売る”か“返却”かを商品ごとに選べば、取引が成立です。

image7
買取不可だったのは、海外みやげのブランド時計。きちんと理由が書かれていると信頼感が増します。

今回、申し込みから査定までかかった日数は6日。宅配キットを申し込んで1週間以内に発送から査定までが終わってしまったわけです。明解な査定とともに、このスピーディーな対応も、ブランディアの人気の理由なのでしょう。

実際に使ってみたところ、私にはこんなメリットがありました。
その1. 売る服を探すために、自然とクローゼットの整理ができてサッパリ。
その2. 処分できずにいた邪魔な服も片付いてスッキリ。
その3. ちょっとした臨時収入でホクホク。

image8
買い取り金額が少額だったら、震災支援などの寄付プロジェクトに参加することもできます。

1点からでも売れるということなので、今後も処分するかどうか迷う品物を見つけたら、すかさずブランディアへ送ってみようと思います。

「捨てるのはもったいないけれど、オークションは面倒」「フリマアプリだと、複数商品を一度に売り出せなくて面倒」というものぐさな私には、“箱を注文して入れて送るだけ”のシンプルな宅配買い取りは、まさにうってつけ。もっともっと活用して、家の整理ができるのでは! と期待しています。

(終わり)

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
相川いずみ

相川いずみ

出版社でIT/パソコン雑誌の編集部に勤務後、フリーランスの編集者&ライターとして活動中。ニュースメディアから、教育・受験雑誌、日本政府の広報誌まで、幅広い分野で執筆しています。一児の母。