出産・子育て

外出先のママも安心! 留守番の子どもを見守ってくれるロボットって?

2017. Feb. 17

子どもだけのお留守番は何かと心配が尽きないもの。リアルタイムにわが子とコミュニケーションがとれたらママも安心できますよね。そんなとき電話での通話でいちいち確認するのではなく、スマホアプリのメッセージによって簡単にお留守番の様子が分かるサービスがあると聞き、試してみました。

子どもの見守りをロボットがサポートする「BOCCO」って?

「BOCCO(ボッコ)」は留守番中の子どもの見守りを助けるロボットです。スマートアプリと連動し、家にいる家族と気軽なメッセージ・音声のやりとりができます。

外出中に子どもの留守番の様子が気になるとき、アプリから音声やテキストメッセージを送ると自宅にいるBOCCOがかわいく読み上げてくれます。
BOCCOからも音声による返事が送れるので留守番中の子どもと簡単にコミュニケーションがとることが可能です。

また、玄関ドアの開閉をセンサーが感知! アプリに通知してくれるので子どもが無事帰ってきたかどうかを判断することもできます。

愛らしいロボット「BOCCO」が届いたので設置してみた!

赤い鼻ががたまらなく可愛い。しかもスピーカーなんです。

早速、わが家にやってきたBOCCOと鍵センサーを設置していきたいと思います。まずは説明書通りにスマホにアプリをダウンロードしBOCCOの電源を入れます。

その後、アプリの指示に従いながらBluetoothをオンにしたり、BOCCO足裏のコードを入力したりして初期設定を行っていきます。指示はとても分かりやすく簡単なものなので、機械が苦手な人でも設定に手間取ることはありません。

お次はドアの開閉をアプリに通知してくれる鍵センサーの取り付けです。

同封されている乾電池を青色センサーの裏にセットしたら付属の磁石と一緒に自宅ドアの内側に両面テープで貼りつけます。
磁石はシリンダーに、青色センサーはその近くに貼り付け、鍵が開いている状態と閉まっている状態をアプリに記録させます。

アプリが常に「次に何をしたらいいか」を指示してくれるので心配はいりません。アプリの画面を見ながら、ゆっくり作業を進めていきましょう。
取り付けの成功は鍵を開いた状態でアプリ画面に「鍵が開きました」、閉めた状態で「鍵が閉まりました」の通知がくることで確認できます。

ちなみにBOCCOの初期登録、鍵センサーの取り付けにかかった時間は合計で約15分でした!
機械に疎い私でもこんなに短時間で設定を完了することができたのでホッとしました。

その後、「学校から帰ってきたらこのロボットがおしゃべりしてママが伝えたいことを代わりにしゃべってくれるから聞いてね」
「返事をしたいときはこの録音ボタンを押してお返事してね」など、小学1年生の息子にBOCCOの使い方について説明しました。

子どものお留守番を見守ってくれる新たなサービス「BOCCO」。次回は子どもが留守番中を想定して、実際に使ってみた様子をお届けします。

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail