趣味・エンタメ image1

【前編】両手を使わず●●だけで撮影ができる!?話題のカメラの予想外な活用方法とは

2016.09.06

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
image1

今話題のウェアラブルカメラ「Blincam(ブリンカム)」。実はこれ、両手を使うことも、バッグからカメラを取り出すことも、シャッターボタンを押すこともなく、大事な一瞬を捉えることができるのです。今回はこの「Blincam」について、詳しく紹介していきます!

ウィンクだけで撮影ができる!一瞬を逃さない「Blincam」

image2

「Blincam」は、メガネにBlincam本体を装着し、ウィンクというなんとも可愛らしい動作をするだけで写真撮影ができるウェアラブルカメラなのです! ウィンクをするだけでカメラが反応し、写真がとれるなんて驚きですよね。

大切な瞬間を見逃さずに記録することができるだけでなく、Blincamを使って撮影した写真はすぐにスマホやPCで閲覧ができるのも驚きのポイント。

Blincamだからこそ撮影できる瞬間って!?

ハンズフリーの「Blincam」なら、様々ラシーンに合わせて撮影が可能です。このメリットを最大に生かす方法を考えてみました!

image3
ウェアラブルカメラ「Blincam」撮影イメージ画像

1.家族の大切な瞬間を刻む
子どもの成長は大人が思っているよりも早いもの。そんな成長の大切な瞬間を捉えるには、「Blincam」がオススメです。

公園でブランコに乗りながら、すべり台に乗ってる子どもを、子どもが飛びついてきた瞬間など……自分の目線で見たままをウインクだけで撮影することができるので、日々の記録もお手のモノ。

また、子供にカメラを意識させることなく、自然な表情が撮影できる点も嬉しいですよね。

2.子ども目線で撮ってもらう
子どもの撮影で利用シーンが多そうな「Blincam」ですが、ある程度の年齢になったら、子ども自身に「Blincam」を使ってもらうのも面白いんだとか。
と言うのも、「Blincam」は好きな瞬間を捉えることができるので、子どもに「好きなモノにウインクして撮ってきてね」と伝えれば、いつも何を見ているのか、何が好きなのかがわかります。

3.ライブシーンを撮る
近年、撮影可能なアーティストのライブも増えてきましたが、ステージから撮影するにもよさそうです。逆にアーティストが「Blincam」でファンの写真を撮るなんて時代も到来しそうですね。

4.レシピ用の写真を撮る

image4
どうしても料理をしている最中は両手がふさがってしまいますが、「Blincam」ならケーキを作っている時や揚げ物をしている時も気軽に撮影することができるので、レシピの写真を撮影したい方にもオススメです。

5.趣味を捉える
ライフスタイルに合わせて活用できるので、趣味のシーンでも「Blincam」は大活躍しそうです。ガーデニングの最中、お花に蝶が飛んできた瞬間なども、逃すことなく撮影できそう。植物も朝や晩で表情が違うので、観察日記などをつける時にも使えそうですね。

image5
ウェアラブルカメラ「Blincam」イメージ画像

また登山やちょっとしたアウトドアにも最適。荷物が多い旅行中や、買い物の際にも「Blincam」があれば写真を撮影することが可能です。

6.目線で追う新しい写真を追求する
スマホで撮影した写真集なども発売されていますが、「Blincam」の写真のポイントは“目線”。これから目線を意識した写真がSNSでも増えるかもしれません。例えば、ビルを見上げるような写真や、サングラスをして太陽を撮影しても面白そうですね。

1日のはじまりから1日の終わりまで「Blincam」をつけていれば、SNSで朝コーヒーを飲んでお昼はお友達とランチをしてと1日の流れを追うこともできますし、ブロガーさんにもオススメですね。

他にもネイルの完成写真や電話で手が離せない時や勉強中のちょっとしたメモなどなど、いろんなことに使えそう!

後編では、開発者の田中敦さんに聞いた操作感やスペック、「Blincam」が日常生活にもたらす新しい価値について詳しくご紹介します!お楽しみに♪

また、「Blincam」はラジオ番組「INNOVATION WORLD」でも紹介されています!新しいサービスをもっと詳しく知りたい人は毎月最終日曜日にJ-WAVEを聴いてみてくださいね!

ラジオ番組J-WAVE 81.3FM「 INNOVATION WORLD」

毎月最終日曜夜10:00-10:54オンエア

ナビゲータ:VERBAL(m-flo)

SNSでシェアしよう

image1

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
後藤千尋

後藤千尋

ファッションと音楽にどん欲なフリーランスライター。雑誌やウェブなどの随筆経験や自身の体験を活かし、ラジオでしゃべっています。現在はシンガポールのラジオにもレポーターとして登場。