美容・健康

おうちネイルアートが1分で完成!噂の「オートネイルラビット」を試してみた。

2017. Apr. 1

美しいネイルアートは、手元を華やかにしてくれるから好き! という女性も多いですよね。でも、デザインが複雑だと時間もかかるし、そもそもセルフでは上手に出来ないという人も…。
そんな悩みを解決してくれる「Auto Nail Rabbit(オートネイルラビット)」を実際に体験してきました!

指を入れるだけでネイルアートが1分で完成する「オートネイルラビット」

オートネイルは複雑で細かなデザインのアートも簡単、手早く再現してくれるネイルプリンターです。これまでは業務用として美容系サロンにおかれることが多かったのですが、セルフでアートを楽しみたい!という人のために、個人向けのコンパクトタイプが誕生しました。

現在750種以上のデザインが内蔵されており、スマホで撮影した写真やオリジナルデザインをプリントすることも出来るそう! 実物は幅175×高さ168×奥行175mmの正方形に近い形で、重さは1、6kgと片手でもてるくらい。これなら収納場所にも困りませんね。

実際にオートネイルラビットでデザインアート!早すぎてあ然…!

それでは早速オートネイルラビットを試してみます。オートネイルラビットはジェル、スカルプ、ポリッシュ、ネイルチップなどすべてにプリントが出来ますが、今回はジェルで試してみました。

先に爪の形を整えたら、ベースカラージェルを塗り、硬化します。その次に、PBジェルを塗り、硬化したのち、プリント部分が爪からはみだしても後から綺麗にはがすことのできるネイルマスクを爪周りに塗ります。

次にスマホアプリを起動させてwi-fi設定をしたあと、プリントしたいデザインを選びます。アプリは登録など必要なく、ダウンロードすればすぐに利用できますのでご安心を!やりたいデザインが決まったらオートネイルラビットに指をいれます。

 

すると、本体に内蔵されたカメラが起動してアプリと連携、アプリ上のカメラ画面に自分の爪が写るので、位置を調整して、プリントスタートです。

プリントされました!

プリントが終わったら、爪からはみだした部分を拭き取ります。事前に爪周りに塗っているネイルマスクをはがすだけで綺麗にとれました!
仕上げのトップコートジェルをぬり、硬化、拭き取りを終えたら完成です!

基本的にはジェル→硬化を繰り返す通常のジェルネイルとほぼ同じ作業です。ただオートネイルラビットをする指には専用のPBジェルを塗る必要があるので注意しておきましょう。

見るだけで気分があがる!複雑なデザインのネイルが仕上がりました!

サンプルデザインとの比較

スマホでデザインを確認したときには「一体、どんな仕上がりになるんだろう?」とドキドキしましたが、想像以上にステキな仕上がりになりました!

通常のネイルでは時間もかかるし、手作業なので失敗のリスクもあるネイルアートですが、オートネイルラビットは指1本に1分とかかりませんし、利き手ではない手で作業するわずらわしさもありません。

気になっていた仕上がりも、爪のキワまで綺麗にプリントされていたことに驚きました。爪はその形も、カーブの具合も人によって異なりますがオートネイルラビットは爪の位置を画面で指定できるので、自爪全体にしっかりプリントが印刷され、プロと同じクオリティに仕上がります。
また、施術中はただ指を入れている(台にのせている)だけで、違和感はまったくありません。プリントがはみだしても、事前に爪周りに塗っておいたネイルマスクをはじからひっぱるだけで一気に除去することができて簡単でした!

なにより、そのときの気分でやりたいデザインを決められるのがうれしい! 普段はワンカラーばかりで飽きてしまう、という人も予定に合わせて毎回違ったタイプのアートができるから、ネイルがもっと楽しくなりそうですね。
次回はオートネイル開発担当者のかたにいろいろお話を伺ってきます! セルフネイルをとことん楽しめるオートネイル、これからますます話題になりそうです!

このサービス使ってみたい?

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
すだあゆみ

すだあゆみ

横浜市在住のフリーランスライター。一児の母。育児、恋愛、美容、ライフスタイル系記事を担当。最近の自慢は「メニューを即決できるようになった」こと。