ホーム・キッチン

殺風景なお部屋を一気にセンスアップ。画になるフック「AUSFLUG」

2019. Aug. 13

BY シマサキアヤ

なんだか殺風景になりがちなお部屋の壁。一気にセンスアップできるこちらのアイテムはいかがでしょう。
壁を素敵にデコレーションできて、フックにもなるという実用性を兼ね備えたプロダクトが、オーストリア・ウィーンから日本初上陸!いち早く使ってみました。うっとり見とれちゃう素敵さです。

壁面にはばたく鳥たち、実はフックにもなるインテリア

今回ご紹介するのは、こちらの鳥たち。

壁に取り付けて、フックにもなるウォールデコレーション「AUSFLUG」です。

一羽でもかわいいですが、

群れで飛ぶともっと素敵!

フックとして使わないときでもウォールデコレーションとして楽しめる、画になるインテリアです。自分で壁をデザインできるのも楽しいです。

 

大きさは2つ

大きさはラージとスモール の2つ。

ハンドメイドのため個体によって若干サイズのばらつきはありますが、ラージのサイズは、縦約9.5cm(ネジ部分を除く)・羽を広げた横の長さは約15cm・ネジの長さは約3.5cm。耐荷重は約2kgです。
スモールは縦約6.5cm(ネジ部分を除く)・を広げた横の長さは約9.5cm・ネジの長さは約3cm。耐荷重は約2kgです。

お部屋に馴染む&アクセントになるカラー

カラーは全7色。セラミック製のホワイト 、コンクリート製のブラック/グレー/ライトグレー、セラミック製のゴールド/コッパー/シルバー。

コンクリート製のグレー以外の6色です

ハンドメイドで作られていて、素材によっても個体によっても細かく表情が違います。優しい雰囲気も素敵です。

セラミック製・コンクリート製・メタリックカラーのもので表面の質感も異なります

賃貸でも大丈夫! 設置してみた

AUSFLUGは本体裏についているネジで壁面に固定します。

賃貸で壁を傷つけられない!という方もご安心ください。賃貸でも設置できる方法をご紹介します。

壁を傷つけずに柱を設置できる人気のDIYツールを使えばOK!わが家はディアウォールを使ってAUSFLUGを設置しました。
まずは柱を設置。

部屋に馴染むようにツーバイフォー材はホワイトに塗装しました

あとはドリルで少し穴をあけて、

設置するのが硬い素材でなければ、電動ドリルを使わなくても大丈夫です

鳥が壁にぴったりくっつくまでグルグル回すだけ。

設置完了!取り付け自体は簡単でした。

壁に直接取り付けない場合は、強度に注意して使ってください。

飾るだけならデコレーションタイプも

細い釘を壁に打って、そこに鳥をはめて取り付けるデコレーションタイプも。大きさはフックタイプと同じです。ネジでしっかり固定しないので、物を掛けることはできません。純粋にインテリアとして楽しむタイプです。

ネジ式のフックタイプと違って壁に開く穴は小さいので、より気軽に取り付けできるかも。

刻々と変わる表情にうっとり。

AUSFLUGは、クリーンな印象ながらしっかりとした存在感があって、殺風景になりがちなお部屋の壁が一気に洗練された雰囲気に。なにより鳥たちが愛らしいんです。
また、光の当たり方によって刻々と表情を変えます。AUSFLUGが作り出す影も魅力的。朝日にも夜のライティングにも映える、実用性も兼ね備えたインテリアです。

時間や天気・季節によっても影の出方が変わるので、見飽きません。

商品情報

ラージの一個ずつの販売はもちろん、4個・8個のセット販売も。
ホワイト4・8個セット
ホワイト3・ゴールド1 4個セット(KLSC4G)
ミックス4個セット 2種類(GSBW4・KSBW4)

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail