ライフスタイル

Amazonで人気!スマホカメラ用レンズAUKEYを比較。ベストな使い方はこれだ!

2018. Apr. 28

スマホ用レンズ、実は本当にたくさんの種類がありました。

いつも一眼を持ち歩いて撮影していたので、スマホ用レンズはそこまで気にした事が無かったんです。が、スマホのカメラ性能も上がってスマホで撮影する機会もかなり増えました。

という事で、今回はAUKEYから発売されているスマホ用レンズ「広角」「超広角」「CPLフィルター」の3つを紹介したいと思います。

AUKEYのスマホレンズはコンパクトで装着も超簡単です

それぞれの付属品はこんな感じです。

本体と収納用巾着・装着用クリップが入ってます。あとレンズ拭きもちゃんと入ってます。

このようにクリップで挟むだけでレンズを付ける事ができるので、誰でも簡単に使えます。

ただちょっとレンズの付ける位置がずれるとボケた写真になってしまうので

スマホ自体のカメラのレンズが中心に来るように見ながら付けるのがオススメです。ちょうど真ん中にレンズが来るように付けるとくっきりした写真が撮れます。

それぞれのレンズを付けてみるとこんな感じになります。

という事で、早速撮ってみましょう!

AUKEYの三種類のレンズを付けて撮ってみました

今回使用したレンズは

● AUKEY スマホレンズ 広角 HD 0.7倍
● AUKEY スマホレンズ 超広角0.2倍
● AUKEY スマホレンズ CPLフィルター(偏光フィルター )

の3つです。

iPhone6に付けて早速撮ってみました。まず何のレンズもつけない状態で撮った写真がこちら

次はC-PLフィルター(偏光フィルター )を付けて撮影してみました。

すごい!劇的な変化!と言いたい所ですが、画角も変わっていませんしぱっと見よくわかりません。

というかそもそもC-PLフィルターって一体なんなの?って話ですよね。ざっくり説明すると「余計な光の反射を抑える」ものなんです。正直レンズというよりフィルターですね、画角が変わる事は全くありません。

分かりやすい部分だけ切り取って最初に撮った写真と比較してみましょう。

左がフィルターあり・右がフィルター無しです

光の反射が抑えられているのでアスファルトの白っぽさが抑えられています。

ちなみにこの時雨が降る寸前で太陽が出ておらず、正直このフィルターを使っても効果がよく分かりませんでした・・・なので後ほど検証する事にしました。

次に全く同じ位置で広角レンズ(0.7倍)を使ってみました。

これは0.7倍の広角レンズです。

0.7倍の広角・・・つまりちょっと広めに写ります。建物の位置を見れば一目瞭然ですね。

最後に0.2倍の超広角レンズを付けてみましょう。

めちゃくちゃワイドです。目の前にあった信号機もとても遠くになりましたし、なんなら自分が立っている道も見えてます。

振り向けば真後ろにあった駅が

こんな遠くになりました。私が移動したわけじゃないです・・・カメラを構えてる位置は一緒なんです・・・。

こんな風にクリップで挟んでスマホカメラのレンズを覆うだけでいつもと違う写真が簡単に撮れるんです!

私が昔お試しで買ってみたレンズはとにかくピントが合わなくていつの間にか使わなくなっていたのですが、AUKEYのレンズ達はなかなか実用性があります。

3種類のレンズ、それぞれのベストな使い方はこれだ!

せっかくなので、それぞれのレンズに合った使い方をしてみました。

AUKEY スマホレンズ 広角 HD 0.7倍

まず一番色々使えそうな「広角 HD 0.7倍」ですが、風景写真はもちろんこんな使い方もできます。

家の天井をインカメラで写してみました。

そしてインカメラに広角 HD 0.7倍のレンズを付けてみました。
どうでしょう?かなり広く写ってますよね。

大人数でインカメラを使おうとして全員入らなくて詰め詰めの写真になったり、旅行の記念に景色を入れた記念写真を撮りたいのに景色が入らず、一体どこに来たのかよく分からない写真になってしまったり・・・こんな事、ありませんか?

それ、このレンズで全部解消されます。

歪みもピントのボケもかなり少ないレンズなので、相当色々な場面で使える定番のレンズになりそうです。

この位置から撮った写真も広角 HD 0.7倍のレンズを付ければ

同じ位置でカメラを構えてもここまで広範囲にくっきり映るので、料理の撮影などにも活かせそうです。

AUKEY スマホレンズ 超広角0.2倍

このレンズは、0.7倍広角同様インカメラで使うのもおすすめです!

が、歪みがあるので普段と違う風景を撮りたい時に一番役立つレンズかなと思いました。

対象のものを中心に置いて周りの景色を歪ませる撮り方が面白かったです。

AUKEY スマホレンズ CPLフィルター(偏光フィルター )

最初の比較じゃよく分からなかったので、反射具合を確認する為晴れてる日に撮影してみました。

まず何も付けていない状態で窓の外からうちの犬を撮ってみました。

光が反射して周りの景色が写ってますね。次にC-PLフィルターを付けて撮影してみます

どうでしょう・・・?分かりますか・・・?反射がかなり抑えられています。二つとも同じ日に同じ条件で撮影してます。

つまり、このC-PLフィルターを付けると写真に写した時光の反射で白っぽくなるのを避けられるんです。

サングラスをかけると眩しさが抑えられて周りの景色がくっきり見えますよね、あれと一緒です。

綺麗な海や湖を撮ったのに白っぽく写っちゃったーとか、川の魚を撮ったのに光で魚が見えないーとか、空が綺麗で撮ったのに白っぽくて綺麗じゃないとか、主にそんな時役立ってくれます。

ちなみに、フィルターの周りがくるくる回るようになってて偏光の具合も調節できます。

しっくりこない時はくるくる回してみましょう。

スマホでよく写真を撮る人なら1つ持っているとかなり役立ちます。オススメです。

自分に合ったレンズがきっと見つかるはずです

「こんな写真、スマホで撮れないかな・・・」なんていう想いを受け止めてくれるのがこのAUKEYのスマホ用レンズです。

普段のお出かけ時にカバンやポーチに忍ばせておくだけでいつもと違う写真が撮れます。

歪みやピントが合わない事でスマホレンズから遠ざかっていたので、ここまでしっかりしたレンズが出てくれていたなんて私は嬉しいよ・・・!

普段一眼を持ち歩いている私でも、これから沢山使っていろんな景色をスマホで切り取っていきたいなと思えた商品でした。おすすめですよ。

この商品使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail