趣味・エンタメ

【決定版まとめ】スマホの写真をもっと楽しめる!アタッチメントカメラ&レンズ

2018. Sep. 20

BY S.OTOBEee

気軽に様々な写真を撮ることができるスマホ。でも機能には限界があるのも事実ですよね。そこで画角や撮れる写真の種類、光の調整などの機能を拡張してくれるのが、アタッチメントカメラ&レンズです。今回はこれまでにhintosで紹介したアタッチメントカメラ&レンズを一挙にまとめて公開します!

主役を際立たせる&ワイドでダイナミックに「tokyo grapher」

主役を際立たせる&ワイドでダイナミックに「tokyo grapher」

以前、hintosでは、「tokyo grapher(トウキョウグラファー)」のiPhone用高性能アタッチメントレンズ2本を紹介しました。一つは主役が際立つ「Telephoto Lens 50mm」。被写体に寄り、背景がぼけるので、印象的な写真が出来上がります。

Telephoto Lens 50mm

もう一つは、「Zero-Distortion WIDE LENS PRO」。画角が広がり、風景に奥行きが生まれることで、写真にダイナミックさが生まれます。

Zero-Distortion WIDE LENS PRO

過去のhintosの体験紹介記事では、実際に通常時の写真との比較を載せているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
tokyo grapherの体験紹介記事はこちら

隅までくっきり!tokyo grapherの高画質な220度魚眼レンズ

隅までくっきり!tokyo grapherの高画質な220度魚眼レンズ

「tokyo grapher」の「FISH-EYE 220」は220度の広範囲を写真に収めることができるようになる魚眼レンズです。

「tokyo grapher」の「FISH-EYE 220」

画質が劣化することなく、また広角レンズにありがちな画面の四隅が暗くなる現象も発生しません。ワイドな画角の写真を高画質で楽しむことができる優れものです。
FISH-EYE 220の体験紹介記事はこちら

Amazonで人気!AUKEY「広角レンズ」

Amazonで人気!AUKEY「広角レンズ」

AUKEYから発売されている広角レンズは歪みもピントのぼけも少ないので、様々な場面での活躍が期待できます。

インカメを使っての大人数での撮影や、旅行時の景色を含めた自撮りなど、なかなか全体が入りきらない苦労がこの一つですべて解決します。
AUKEYの体験紹介記事はこちら

さらに超広角な写真が撮りたい人へ! AUKEY「超広角 0.2倍ワイドレンズ」

AUKEY「超広角 0.2倍ワイドレンズ」

AUKEY・超広角 0.2倍ワイドレンズPL-WD02を使えば、238°の超広角写真を撮ることができます。

AUKEY・超広角 0.2倍ワイドレンズPL-WD02

グリップで簡単に装着することができ、メカニックな見た目もよし。1,999円とお手頃な値段なところも嬉しいですね。
PL-WD02の体験紹介記事はこちら

よりリアルな質感を実現! 余計な光をカットするAUKEY「偏光フィルター」

よりリアルな質感を実現! 余計な光をカットするAUKEY「偏光フィルター」

AUKEYのCPLフィルター(偏光フィルター)を使えば、余計な光の反射を抑え、白っぽくなることを避けられることで、被写体そのもののよりリアルな質感を感じることができます。

AUKEYのCPLフィルター(偏光フィルター)

海や川など、光の反射が激しいところで使うとより本領を発揮できるかもしれません。
CPLフィルターの体験紹介記事はこちら

まるでカメラ?ケースをつけるだけ「bitplay SNAP!X」

まるでカメラ?ケースをつけるだけ「bitplay SNAP!X」

bitplay SNAP! Xは、簡単カスタマイズでiPhone Xをおしゃれな広角・望遠レンズカメラにすることができるスマホケースです。

グリップや物理シャッターがついているので、抜群の安定感で、使用場面に合わせて自由にレンズを付け替えることができます。
bitplay SNAP! Xの体験紹介記事はこちら

コスパ重視なら、迷わず3COINS「セルフィーレンズ」!

3COINS「セルフィーレンズ」

3COINS(スリーコインズ)の「SELFIE LENS(セルフィーレンズ)」は、税別500円で買うことのできる本格スマホアタッチメントレンズです。

「SELFIE LENS(セルフィーレンズ)」

この価格で「魚眼」「ワイド(広角)」「接写(マクロ)」の3つのレンズがセットになっていて、圧倒的にお買い得。気になる品質も、まるで見劣りしません。
SELFIE LENSの体験紹介記事はこちら

iPhoneが一眼レフに変身?「Pictar One」

iPhoneが一眼レフに変身?「Pictar One」

「Pictar One(ピクターワン)」は、iPhoneで一眼レフのようにモードを設定して撮影をすることができるハーフケース型カメラグリップガジェットです。

Pictar One(ピクターワン)

しっかりとした握り心地に、片手でホイールを回してモードの切り替え、露出補正、ズームを行うことができます。使い勝手や性能だけでなく、気分も上がりそうですね。
Pictar Oneの体験紹介記事はこちら

5,000円でスマホが360°高性能カメラに!「ハコスコ PanoClip」

ハコスコ PanoClip

360°カメラでありながら、5,000円以下という破格の値段で購入することのできる「ハコスコ PanoClip」。

ハコスコ PanoClip

充電の必要がなく、撮影したデータはアプリでそのまま確認できるので、充電の必要もありません。手軽で使いやすく、初心者にぴったりのアイテムと言えるようです。
ハコスコ PanoClipの体験紹介記事はこちら

動画にも対応!脱ビギナーしたら、次はこれ!「Insta360 Nano S」

Insta360 Nano S

「Insta360 Nano S」は、iPhoneのLightning端子に挿し込むことで手軽に本格的な360°写真を撮ることができるカメラです。

Insta360 Nano S

動画にも対応しており、夜間でも鮮明な映像を撮ることができます。価格も本格的な360°カメラの中ではお手頃な方で、満足いく性能を存分に楽しむことができます。
Insta360 Nano Sの体験紹介記事はこちら

遠くでもくっきり。望遠×スマホカメラという新発想「SNAP ZOOM Ⅱ」

遠くでもくっきり。望遠×スマホカメラという新発想「SNAP ZOOM Ⅱ」

「SNAP ZOOM Ⅱ」は、スマホと双眼鏡や望遠鏡を繋げ、固定してくれるアイテムです。

通常、スマホのカメラでズームをして遠くを写そうとすると解像度が下がってしまいますよね。そんな時、「SNAP ZOOM Ⅱ」を使えば、電池など不要で、解像度を保ったまま遠くでも鮮明な写真を撮ることができます。
SNAP ZOOM Ⅱの体験紹介記事はこちら

様々なタイプのアイテムがありましたね。自分が使いたいと思うものが見つかったでしょうか?
以上、これまでhintosで紹介したアタッチメントカメラ&レンズのまとめでした。

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail