マネー

いつまでに? いくら必要? 今あるお金を増やす方法

2017. Jul. 3

「お給料は一定額。でもお金を増やしたい…」そんな人はいませんか?今回は「人生は投資の連続。」をキーワードに資産づくりに役立つ情報を発信しているWebメディアDAILY ANDS編集長・楠井朋子さんに「お金にお金を稼いでもらう」方法を教えてもらいました!

まずは、ゴールを決めましょう


自分のための老後資金、子供の受験費用、住宅購入資金……。
投資を始める際には、投資方法よりもまず、「いつまでにどれくらいのお金を貯めたいのか」を考えたほうがいいそうです。

女性はライフプランを考えるのが男性に比べて得意だとも言われており、考えた上で、投資する際のリスクがどれくらい許容できるのかを考えることが大切なのだそう。
ただし、1人でそれを考えるのは大変という人は、「身近にいるお金に詳しい人に相談したり、投資信託に詳しいファイナンシャル・プランナーさんに相談したりするとよいと思いでしょう」。
「老後のために1,000万円貯めたい」など目的がはっきりさせてから、具体的な投資方法を選んで決めていくと良いそうです。

では実際にはどんな投資法があるのでしょうか。

帰省やバカンスに嬉しい旅行積立


旅行積立は銀行の定期預金と同じように、一定の期間お金を積み立てていくことで、満期時には銀行でいう利息分のサービス額が上乗せされた「旅行券」を受け取ることができます。

銀行預金よりも高い金利である、サービス額に税金がかからないといったメリットがあるので、毎年必ず旅行や帰省する人にはおすすめです。
積立資金は毎月3,000円~5,000円からという旅行会社が多く、30,000円以上の一括積立ができるところも。

一括の場合は満期時のサービス額が大きくなることが多いので、資金に余裕がある場合は、一括積立も検討してみるといいですね。

コツコツ投資できる投資信託


投資信託は投資家からお金を集めてまとめて投資をしてくれるので500円などの少額で、様々な投資先に分散して、コツコツ投資することができます。
また、自動引き落としで積み立ててくれるシステムもあるので、定期預金のような感覚で投資することも可能。
最近は、初心者でも始めやすいように、手数料が低い投資信託もたくさん出ていますし、運用で出た利益に税金がかからない「積立NISA」も2018年にスタートするので、初心者の方が投資信託をはじめるハードルは低くなっています。

優待などのメリットがある株式投資


株式は企業が事業資金を得るために発行しているもので、株を購入したい人は証券取引所で気に入った企業の株を売買することができます。株式を保有すると分配金や優待などを受け取れるメリットもあります。

特に優待は店舗の利用券、割引券、商品券やクオカードといった金券をもらえるので得した気分に…!
また株式の購入は企業の成長を資金提供という形でサポートしているのと同じ。そうした意味で株の売買は社会的貢献ともいえるのかもしれませんね。
貯めているだけではお金は1円も増えません。お金そのものに働いてもらい、お金を増やす方法は上記以外にもたくさんあります。自分に合った方法で投資を楽しんでみてくださいね。

KEYWORDS

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
すだあゆみ

すだあゆみ

横浜市在住のフリーランスライター。一児の母。育児、恋愛、美容、ライフスタイル系記事を担当。最近の自慢は「メニューを即決できるようになった」こと。