ライフスタイル

異文化交流もできちゃう?近未来の生活を体験できるIoTホステルに潜入!

2018. Aug. 3

BY seta

(2/2ページ)

異文化の交流が生まれるかも?宿泊者が集うラウンジ

こちらが共用ラウンジの様子。

キッチン、冷蔵庫やドリンクサーバー、調理器具なども揃っています。先に営業している他店舗の例では、ラウンジで宿泊客同士が各国の料理を振る舞い合ったり、店舗主催で流しそうめんなどの季節イベントを開いたりもしているそうです。食を通して会話すれば、国籍を越えた交流もスムーズになりそうですね。

格安で泊まるなら!ホステルならではの「ドミトリー」滞在を楽しむのもアリ

こちらは他の宿泊客との相部屋となるSmart Dormitory(一泊3500円〜、全60床)。紫のカラーリングはお江戸浅草のイメージだそう。この秘密基地のような感じ、なんだかワクワクしませんか?


ベットの下はスーツケースも置ける広々としたバケッジスペース。宿泊費用はできるだけ抑えて思いっきり観光したい!という人はこちらの宿泊もおすすめです。

ホステル初心者でも安心なポイント

さまざまな人が宿泊する施設の滞在でやっぱり気になるのは、共用部や水回りの使い勝手や清潔感ではないでしょうか。


&AND HOSTELはどの店舗もまだ新しいですが、共用部の内装や設備もすっきりとしていてとっても清潔感に溢れています。

実はシャワー室のドアノブにも、使用中かどうかを認識するためのIoTが組み込まれています。お部屋の中にいながらにしてアプリからシャワー室の混雑状況を確認することができるということで、女性にとってはうれしいサービスですね。

「&AND HOSTEL」はIoTで進化するホステル!

さまざまな設備をインターネットに接続することで、宿泊客の行動やニーズを分析してより良いサービスへと繋げる目的もあるのだそう。今回の浅草での開業に際しても、これまでの店舗で得られた情報を活かして通信環境の改善がなされているそうです。

最新のIoT機器と繋がりながら、まだまだこれから進化していく「&AND HOSTEL」。福岡、浅草北、上野、秋葉原、神田、そして今回オープンした浅草駅前に続いて、さらなる出店予定も既に決まっているそう。遠方からの旅行利用だけでなく、ちょっと先の未来の暮らしを体験したり、異文化に触れるプチリフレッシュに利用したりと、楽しみ方も自分次第だと思います!

日本風情にあふれる夏の浅草観光も満喫してきました♪

取材協力:&AND HOSTEL ASAKUSA STATION

・住所:東京都台東区西浅草2丁目17-11
・交通:つくばEX「浅草」駅徒歩4分、東京メトロ銀座線「浅草」駅から徒歩10分、東京メトロ銀座線「田原町」駅から徒歩5分
・構造、規模:鉄骨造陸屋根7階建
・定員:70名
・部屋数:IoT Double Room 5室、Smart Dormitory 60床

  • 1
  • 2

このサービス使ってみたい?

クリックするとみんなの結果が見れるよ!

よければ、あなたの性別と年齢を教えてください

(初回のみのアンケートとなります)

性別

年齢

ありがとうございました

閉じる

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail