料理・グルメ

4時間で生鮮食品が届く!?「Amazonフレッシュ」の配達時間を検証してみた!

2017. May. 13

何でもお家まで届けてくれる便利なAmazon、ついに生鮮食品まで買えるようになりました!
2017年4月21日からスタートしたAmazonフレッシュ。スーパーで売っているような生鮮食品や日用品をまとめて購入できて、注文から最短で4時間後に届けてもらえるという新サービスを体験してみました。

今日の食卓がすぐにそろう?! Amazonフレッシュ

さっそくサイトにアクセスしてみたところ、野菜、果物、お肉、お魚、卵……などなど、スーパーで売っているものは一通りそろっており、調味料やお菓子なども購入することができます。そのほか、食器用洗剤などの日用品や、お米、お水など配達してもらえると嬉しい重い商品も。

1万7,000点以上もの食品を扱っています! 日用品も合わせると商品数は10万点以上。

商品はAmazonフレッシュ独自の基準で、安全性や鮮度を厳しくチェックされ、商品ごとに最適な温度で届けられるよう、保管時や配送時の温度管理も徹底しているそう。

近所のスーパーでは卵が238円、バナナが198円でした…。

お値段は卵1パック(10個入り)が212円、バナナ1パック(300g)が98円とスーパーで買うのと変わらない印象。割高なイメージがあったのですが、そんなことはないようです。むしろ家の前まで配達をしてもらうことを考えると、安い。
(※本記事内では、Amazonフレッシュの商品、月会費、送料はすべて税込み金額で記載しています。)

そのほか、専門店グルメも購入できます。人形町今半のお肉や、堂島ロールでおなじみのモンシェールのスウィーツも配送可能。急な来客予定ができたとき、わざわざ専門店に買いに行く時間がない! というときに使えそうです。

いくらかかるの?

AmazonフレッシュはAmazonプライム会員向けのサービスのため、まずはプライム会員になることが必要。
プライム、フレッシュはどちらも30日間無料体験ができるので、この機会に登録をしてみました!無料体験期間終了後は、プライム年会費として3,900円、フレッシュ月会費500円がかかります。

配送料は、注文額が6,000円以上の場合は無料。注文額が6,000円未満の場合は、1回の注文あたり 配送料が500円発生するため、ちょこちょこ買うよりも、お米やお水などとまとめて購入するのがお得。

もし商品を受け取れなかった場合、注文はキャンセル扱いとなり代金は返金されますが、再配達は受け付けてもらえないそうなので、少し注意が必要ですね。

注文から4時間後に配送してもらえるように時間を指定

まずは郵便番号を入力し、お届け先住所を登録。配送地域は、現在のところ、東京都港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区、新宿区、文京区、台東区、荒川区、足立区、葛飾区 および 千葉県市川市、浦安市(一部エリアを除く)となっており、順次拡大予定とのこと。配送エリア外の住所は登録ができないようになっています。

次に配送時間を指定します。時間は朝の8時から24時まで、2時間ごとに細かく指定ができます。

それでは、実際に買い物をしてみます! 時刻は夕方の15時53分。最短の配達時間として表示された20:00~22:00を指定。

配達時間の予約後は、通常のAmazonでのお買い物と同じように商品を選んでカートに追加していきます。ほうれん草などの野菜は、商品紹介画像で、実際どのくらいの量なのか目安がわかって便利!

鮮度が気になる冷蔵のブリ、サーモンや野菜など合計6点を購入。料金は送料をプラスして合計で2,495円。

注文確定後、すぐに注文内容の確認メールが届きました。

15時57分、注文完了です!

はたして本当に4時間で届くのか? 後編に続く……

近くのスーパーにはなかった旬のそらまめも売っていました!

購入した商品はこちら。トマトや玉ねぎは1つずつ購入可能。必要な分だけ買えるのがいいですね。

さて、注文した商品は4時間後に届けられるのでしょうか!? 次回、配達された商品についてレポートします!

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail
sugiyama

sugiyama

東京で一人暮らしを初めて10年。猫を飼うか真剣に考えています。