ファッション

買う前に試着室で確認しよう!スタイリストが教える自分に似合う服の選び方

2017. Jan. 27

せっかく新しい洋服を買ったのに「なんだか似合わないから、もう着ない・・・・・・」となるのは、自分にとっても洋服にとっても不幸ですよね。そこでスタイリストさんに似合わない洋服を買わずに済む方法を伺いました!

試着はマスト!

カラー、デザイン、肌触りなど、個人によって気になるポイントは違うとは思いますが、洋服を選ぶときには絶対に試着をしましょう!
動きやすいか、持っている洋服と合いそうかなどあれこれ考えつつ、実際に着てみることが大切です。そして、試着をしたら3つの質問をして、あなたに似合っている洋服かどうか判断しましょう。

質問1.鏡に映るあなたの表情はどう?

洋服を着たときに、鏡に映る自分の表情が活き活きして見えたら、それは肌や瞳の色、髪の色など自分自身に似合っている証拠です。自分に似合う洋服を着ると、自分の魅力が引き出されるという相乗効果が得られます。

質問2.本当に似合っている?

自分の目で見て、違和感はないでしょうか? 再確認しましょう。「流行っているから」「友達が着ていて可愛いかったから」という理由で買ったとしても、自分で着たときにしっくりときていない場合、自然と着なくなってしまいます。確認の意味も込めて問いかけてみるのも似合う服の選び方の一つです。

質問3.着たときの気持ちはどう?

さらに大切なのは、洋服を着たときにワクワクしたり、気分が盛り上がったりすること。
なんとなく「いいな」と思って着てみて、少しでも「ん?」と感じたら、それはあなたには似合っていないということです! フィーリングも大事なチェックポイントです。似合っているという服は着ているだけでテンションが上がります。そこも服を選ぶ上でのポイントになります。

今回は、スタイリストさん直伝「自分に似合う服の選び方」をご紹介しました。ぜひ気になる服を試着する際に「3つの質問」をして、自分に似合う洋服を楽しみたいものです。

SNSでシェアしよう

この記事が気に入ったら
いいね!してね

hintosの最新情報をお伝えします

この記事が気に入ったらともだちにシェアしてね

  • tweet
  • line
  • はてなブックマークに追加
  • mail